You’ll never find a rainbow if you’re looking down.

MS謹製メモリクリーナーを定期的に実行(タスクスケジューラ)する

Windows10 (8GBメモリ)でoutlookを使っていると、メモリが逼迫して、画面が崩れたり、本文が読めなかったりするようです。それを解決するために、メモリクリーナを探してみました。

どうやら、以下のtook kitに含まれているempty.exeというのが有名らしいです。

Download Windows Server 2003 Resource Kit Tools from Official Microsoft Download Center

早速、took kitをdownloadし、解凍。empty.exeを選び出し、c:\WINDOWS\system32 にコピー。まずは動作確認。Win(key) – Rで”empty.exe *”を実行。この * が重要なので忘れないように。開放の状況が一瞬だけど、ターミナルで表示されます。

次に、タスクスケジューラに登録してみます。以下のようにスクリプトを書いて、”memory_release.vbs”とかでsaveします(c:\WINDOWS\system32 にsaveしてかまいません)。

これをタスクスケジューラに登録。まずは、トリガー(タブ)でどのくらいのタイミングで実行するかを決めます。15分ごとに実行することにしました。

次に何を実行するか(もちろん、上記で作ったスクリプト)を操作(タブ)で設定して登録完了。タスクスケジューラで実行履歴を見れば実行されていることがわかります。

一度設定してしまえば快適です。副作用もなさそうなのでおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

待宵@matsuyoi.net

mail

次にきっと待っている楽しいことを信じて、日々精進したいと思っています。

そんな精進(?)の毎日から得られた、ちょっと役に立ちそうなことから、日々感じた雑記まで、おそらく取り留めなく書いていますが、少しでも、楽しんでいいただいたり、役に立てると嬉しく思います。

素人視点で書いていることが多いと思うので、間違いもあるかと思いますが、そんなときは、目をつぶっていただけると幸いです。

カテゴリー

アーカイブ

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829