You’ll never find a rainbow if you’re looking down.

お彼岸だからお彼岸について調べて見た

お彼岸は、年2回、春分、秋分を中日にしての7日間を呼ぶそうです。春分、秋分については前に調べました。

それではお彼岸とは? ググってみると、

古くは聖徳太子の頃から始まったともいわれ、古い記録では『日本後記』に「延暦二十五年三月辛巳の条」に、「奉爲崇道天皇。令諸国国分寺僧春秋二仲月別七日。讀金剛般若經」とあり、崇道天皇(早良親王)の供養の為に諸国の国分寺の僧を集め、法要をしたことが記され、彼岸のはじまりとする説もあります。 農耕文化の日本では古来より、昼夜の時間が同じで、真東から太陽がのぼるこの時節に自然の恵みに対する感謝をささげる風習があり、これらと仏教の教えが結びついたと考えられています。曹洞宗近畿管区教化センター

で、何をするかというと、

ご先祖さまや自然に感謝をささげる仏道精進の期間で日本独自の仏教行事です。 お彼岸にはお寺の法要やお墓参りに行き、亡き人へ思いをはせ、感謝のまことをささげます。 農耕文化の日本では古来より、昼夜の時間が同じで、真東から太陽がのぼるこの時節に自然の恵みに対する感謝をささげる風習があり、これらと仏教の教えが結びついたと考えられています。曹洞宗近畿管区教化センター

なるほど、仏教の週間と農耕文化が混ざった習慣のようです。ここには”彼岸”の意味も詳しくあり、

彼岸とは、「彼の岸」すなわち「悟り、涅槃の境地」を意味し、その語源は、サンスクリット語「パーラミター(波羅蜜多)」の漢訳語「到彼岸」からきています。 煩悩と迷いの世界である「此岸」から悟りの世界「彼岸」へ到達するために、「六波羅蜜」の修行を行ないます。彼岸はその修行をするための期間でもあります。 ※六波羅蜜(ろくはらみつ)とは 布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧という六つの実践徳目。曹洞宗近畿管区教化センター

六波羅蜜は、もう少し簡単にいうと、

  1. 分け与える
  2. .規律(きりつ)を守る
  3. .怒(いか)りをすてる
  4. 努力する
  5. 心を安定させる
  6. 物事の筋道がわかる

です。当たり前といえばそうなんだけど、なかなか実際やるには難しいものです。お彼岸にあたって、ちょっと気を引き締めたいと思います。

ちなみに、お彼岸と言えば、お萩やぼた餅ですが、これらは同じもので、春はぼた餅(牡丹の時期だから)、秋はお萩(萩の時期だから)らしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

待宵@matsuyoi.net

mail

次にきっと待っている楽しいことを信じて、日々精進したいと思っています。

そんな精進(?)の毎日から得られた、ちょっと役に立ちそうなことから、日々感じた雑記まで、おそらく取り留めなく書いていますが、少しでも、楽しんでいいただいたり、役に立てると嬉しく思います。

素人視点で書いていることが多いと思うので、間違いもあるかと思いますが、そんなときは、目をつぶっていただけると幸いです。

カテゴリー

アーカイブ

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031