You’ll never find a rainbow if you’re looking down.

五月に降る雨は、五月雨?

前に五月晴れという言葉が、梅雨の晴れ間を示す言葉だという事を知りました。

そう言えば、五月雨(さみだれ)という言葉もあります。これは梅雨の雨なのか? ということで調べて見ました。

五月雨を調べてみると予想通りで、

陰暦5月ごろに降りつづく長雨。梅雨。つゆ。

でした。確かに、奥の細道の

五月雨をあつめて早し最上川 – 松尾芭蕉

をはるか昔に習った時、そういうふうに習った覚えがうっすらあります。

でもよくよく考えてみると、6月後半の梅雨の時期に今日は五月晴れとか五月雨が降っている。とかと言っても全然ピンと来ません。

NHK放送文化研究所には、

昭和になってから、誤って「新暦5月のすがすがしい晴れ」を指すようになり、現在はこちらの方が定着しています。 「五月雨」は6月で、「五月晴れ」は5月なのは変じゃないか、と思うかもしれません。しかし、ことばは常に変化するもので、ある使い方をする人が増えてくれば放送もそれに従っていく必要があります。もちろん、本来の意味を知っておくことはとても重要なことです。 NHK放送文化研究所

とあり、私もこの意見に賛成です。”ありがとう”も、昔は、”有り難い”でめったにないことですからね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

待宵@matsuyoi.net

mail

次にきっと待っている楽しいことを信じて、日々精進したいと思っています。

そんな精進(?)の毎日から得られた、ちょっと役に立ちそうなことから、日々感じた雑記まで、おそらく取り留めなく書いていますが、少しでも、楽しんでいいただいたり、役に立てると嬉しく思います。

素人視点で書いていることが多いと思うので、間違いもあるかと思いますが、そんなときは、目をつぶっていただけると幸いです。

カテゴリー

アーカイブ

2020年1月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031