You’ll never find a rainbow if you’re looking down.

梅雨(つゆ)入り

恐らく今日6/6が今年は”梅雨入り”と発表されると思うので、梅雨について調べて見ました。

梅雨は、中国から「梅雨(ばいう)」として伝わり、江戸時代頃より「つゆ」と呼ばれるようになった。 「日本歳時記」には、「此の月淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく」とある。 中国では、黴(かび)の生えやすい時期の雨という意味で、元々「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたが、カビでは語感が悪いため、同じ「ばい」で季節に合った「梅」の字を使い「梅雨」になったとする説。 「梅の熟す時期の雨」という意味で、元々「梅雨」と呼ばれていたとする説がある。 日本で「つゆ」と呼ばれるようになった由来は、「露(つゆ)」からと考えられるが、梅の実が熟し潰れる時期であることから、「潰ゆ(つゆ)」と関連付ける説もあり、梅雨の語源は未詳部分が多い。語源由来辞典

これによると2つの変化があることがわかります。

  1. 中国にもともと”ばいう”という言葉があり、それに”梅雨”という時があてられた(中国でも梅雨あり)。
  2. この”梅雨”に”つゆ”という音が当てはめられた。

というものです。1については、確かに、杜甫の”梅雨”という詩が残っています。

南京犀浦道   南京 犀浦(さいほ)の道
四月熟黄梅   四月 黄梅 熟す
湛湛長江去   湛湛として 長江 去り
冥冥細雨来   冥冥として 細雨 来たる
茅茨疏易湿   茅茨 疏として湿(うるほ)ひ易く
雲霧密難開   雲霧 密として開き難し
竟日蛟龍喜   竟日 蛟龍(こうりゅう) 喜び
盤渦与岸迴   盤渦して 岸と迴(めぐ)る

黄梅が熟す頃が梅雨のシーズンのようです。黴雨との関連はわかりませんが、杜甫の頃(700年代)には既に梅雨だったようです。

それで日本に入ってきて、”つゆ”ですが、これは、前出の日本歳時記に出ているので、1600年後半には”つゆ”だったようです。

普段使っているけど、謎の言葉です。確かに、”つゆ”っていう読み方、おもしろいよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

待宵@matsuyoi.net

mail

次にきっと待っている楽しいことを信じて、日々精進したいと思っています。

そんな精進(?)の毎日から得られた、ちょっと役に立ちそうなことから、日々感じた雑記まで、おそらく取り留めなく書いていますが、少しでも、楽しんでいいただいたり、役に立てると嬉しく思います。

素人視点で書いていることが多いと思うので、間違いもあるかと思いますが、そんなときは、目をつぶっていただけると幸いです。

カテゴリー

アーカイブ

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829